看護部

看護部

 

ご挨拶

看護部では病院理念に基づき、看護職員一人ひとりが倫理観をもって信頼を得られるよう誠実な看護と専門性を磨き、他職種との連携を図りチーム医療の充実を目指しています。また経年別目標管理の運用を図りつつ教育支援体制の充実を目指し、看護のやりがいを感じ働き続けられる職場の環境つくりを図っています。患者様、家族、地域の皆様に“この病院を選んで良かった”と思っていただけるよう安全で安心な看護サービス提供が出来るよう努めています。

                   看護部長 金野秀子

1.看護部理念

旭川圭泉会病院の理念に基づき、精神科の専門職業人として心温まる看護サービスが提供できるよう、常に自己研鑽し選ばれる病院を目指します。

2.看護方針

1)私たちは、常に患者・家族様の立場に立ち、笑顔と温かい心で“個々への配慮”ができるよう努力をしていきます。                                2)社会変化や新しい情報を知り、看護(介護)の専門的知識と技術習得をめざし自己研鑽に努めていきます。

3. 看護部目標

1)病院の健全な運営を目指し、積極的に運営に参画します               2)医療事故の防止に努めます                            3)患者サービスの向上と看護の質の向上に努めます                  4)業務のより良い改善に努めます                           ※毎年、運営方針に対して年間目標を立案

病棟案内

5号館2階 精神科救急入院料病棟デイルーム風景
5号館2階 精神科救急入院料病棟デイルーム風景
3号館4階 機能訓練室風景
3号館4階 機能訓練室風景

  • 特殊疾患病棟     1号館1階病棟(64床) 2号館1階病棟(60床)
  • 精神科救急入院料病棟 1号館2階病棟(60床) 5号館2階病棟(35床)
  • 認知症治療病棟    3号館4階病棟(60床)
  • 精神科長期治療病棟  3号館5階病棟(60床)
  • 精神科回復期治療病棟 3号館6階病棟(60床)

看護部門 教育プログラム

専門分化した病棟目標にあわせて年間の研修計画を立てています
専門分化した病棟目標にあわせて年間の研修計画を立てています

看護部門では、「決してひとりで困らない。問題はみんなで解決していこう」をモットーに互いに助けあっています。また、スタッフ一人ひとりが目標を持って業務に取り組めるよう、経年度別到達目標を設定しフォローしています。

入職時研修

当院では年2回、その期間の入職者を対象に入職時研修を行っています。

入職時研修の内容

  • 病院理念、基本方針、倫理綱領、概要等
  • 服務規程
  • 精神保健福祉法と精神科病院として立場
  • 防火、防災管理
  • 病院及び関連法人の紹介(部署紹介)
  • 医療安全管理(看護介護場面別接遇実践ポイント)
  • 感染対策
  • 接遇マナー
  • 精神科医療における倫理意識

専門分化させた病棟目標にあわせた年間の研修計画を別途立てています。

院内看護研究

毎年各病棟1題の看護研究を発表し、看護に対する理解を深めています。

臨地実習病院

精神科の救急から回復期リハビリテーションまでトータルサポートを担う当院では、各看護学校の臨地実習指定病院となっています。

本年度の受け入れ学校

  • 旭川医科大学医学部看護学科
  • 旭川大学保健福祉学部保健看護学科
  • 札幌市立大学
  • 名寄市立大学保健福祉学部看護学科
  • 北海道立旭川高等看護学院
  • 旭川厚生看護専門学校
  • 旭川市医師会看護専門学校(専門課程)
  • 旭川市医師会看護専門学校(高等課程)

教育方針

  • 職員が「自主性」「主体性」「豊かな人間性」をもつ人として成長できるよう、教育・訓練の場を提供し、専門性を追及した人材育成を目指します。

年度目標

  • 教育プログラムの充実を図り、スタッフ一人ひとりが向上心をもって自己研鑽できるよう活動できる。

活動内容

1.年間研修計画の立案・実施

  1. 看護師・ケアワーカーの要望も踏まえ、年間研修計画を企画・実施する
  2. 各病棟の勉強会実施内容、参加状況を把握し、合同勉強会を促す
  3. 企画部や他委員会との連携をとり、効果的な研修を実施する

2.看護師、ケアワーカーの自己研鑽を促す

  1. 精神科・認知症看護の質の向上に向け、外部研修に参加を促し、伝達講習の企画を行う

3.院内看護研究の企画・実施

  1. 看護研究発表までの年間計画を立案し、計画性をもって実施できるよう活動する

4.看護記録マニュアルの見直し

  1. 各病棟で看護記録に関する疑問点をまとめ、看護記録マニュアルの見直しを進めていく
  2. 他委員会と連携し、看護記録マニュアルを作成する

5.看護記録マニュアルの書き方の指導・監査

  1. 正しい看護記録の書き方について指導する
  2. 看護記録監査の実施
経年度別到達目標
クリックで拡大

准看護師到達目標

レベルI

  • 看護手順に従い、必要に応じ助言を得て看護を実践できる。
  • 医療法人社団旭川圭泉会病院の一員であることを自覚できる。
  • 自己の課題を明確にし、自主的な学習に取り組むことができる。

レベルII

  • 標準的な看護計画に基づき、助言を得て看護を実践できる。
  • 看護チームの一員としての役割が理解できる。
  • 自己の課題を明確にし、問題解決に努めることができる。

レベルIII

  • 標準的な看護計画に基づき、自立して看護を実践できる。
  • 組織の一員としての役割が理解できる。
  • 自己の課題を明確化し、達成に向けた学習活動を展開することができる。

レベルIV

  • 対象に合った個別的な看護を実践できる。
  • 組織の一員としての役割を遂行できる。
  • 自己の学習活動に積極的に取り組むことができる。

ケアワーカー到達目標

レベルI

  • 助言を得て、基本的な日常生活援助が展開できる。
  • 医療法人社団旭川圭泉会病院の一員であることを自覚できる。
  • 自己の課題解決に向けて、自主的な学習に取り組むことができる。

レベルII

  • 基本的な日常生活援助を展開できる。
  • チームの一員としての役割が理解できる。
  • 自己の課題を明確にし、問題解決に努めることができる。

レベルIII

  • 安全な日常生活援助を展開できる。
  • 組織の一員としての役割が理解できる。
  • 自己の課題を明確にし、達成に向けた学習活動を展開することができる。

レベルIV

  • 患者に必要な日常生活援助を個別的に展開できる。
  • 組織の一員としての役割を遂行できる。
  • 自己の学習活動に積極的に取り組むことができる。

看護部 院内教育プログラム

時期  研修項目  研修内容  研修目的  
4月 新入職員研修 組織の理解
接遇
看護倫理
感染予防
医療安全
行動制限
組織の役割を理解し、医療者として必要な態度・知識を養う。 ケアワーカー
准看護師レベルⅠ
看護師レベルⅠ
5月 新人看護師研修  新人看護師に求められる要素
看護技術
新人看護師に求められる技能・姿勢・能力を理解する。
看護技術の基礎知識・技術を学び、安全な看護技術を提供できる能力を養う。
准看護師レベルⅠ
看護師レベルⅠ
看護研究 看護研究の進め方 看護研究の目的・意義を理解できる。
抄録の書き方が理解できる。
アンケート研究の方法を理解できる。
看護師レベルⅡ
6月 介護基礎研修 おむつの当て方 正しい排泄介助の知識を学び、実践につなげる。 ケアワーカー
看護記録 看護記録の書き方 正しい看護記録の書き方を学ぶ。 准看護師レベルⅠ・Ⅱ
看護師レベルⅠ
7月 介護基礎研修 動きについて 人の体の動きについて理解し、安全・安楽な援助を学ぶ。 ケアワーカー
精神科基礎研修 疾患と症状の理解
精神科看護
精神疾患と症状を学ぶ。
精神疾患と症状を理解し、患者理解、基本能力を養う。
ケアワーカー
准看護師レベルⅠ
看護師レベルⅠ
8月 チーム医療 メンバーシップ チームメンバーとしての役割を理解し、看護の質向上、チームメンバーとしての能力向上を目指す。  准看護師レベルⅠ・Ⅱ
看護師レベルⅠ
9月 暴力防止 CVPPP 包括的暴力防止プログラムの実践技術に必要な基礎知識を学ぶ。 准看護師レベルⅢ・Ⅳ
看護師レベルⅢ・Ⅳ
救急蘇生 CPR研修 救急時の看護、ケアワーカーとしてできる役割を学ぶ。
救急時の看護、看護師の役割を学ぶ。
全体研修
10月 フォローアップ研修 SBAR 必要な情報を確実に伝達するするための方法を学ぶ。 准看護師レベルⅠ
看護師レベルⅠ
感染予防 インフルエンザ
ノロウイルス
感染防御について学ぶ。
病院における環境整備の意義を学び、感染予防に関する知識と技術を理解する。
全体研修
11月 チーム医療 リーダーシップ チームリーダーとしての役割を学び、チームメンバーと共に質の高いケアを実践する能力を養う。 准看護師レベルⅢ
看護師レベルⅡ
問題解決 問題解決過程 問題解決のプロセスをイメージできる。
問題発見力を強化する。
看護師レベルⅤ
12月 薬について 向精神薬
ハイリスク薬
薬に対する理解を深める。 全体研修
1月 輸血 安全な輸血 輸血の取り扱いと管理を理解する。 全体研修
2月 看護研究 院内看護研究発表会 経験者の看護研究発表から、自己の看護観やチームの看護に対する理解を養う。
自己の看護観やチームの看護に対する理解を養う。
全体研修
3月 プリセプター研修 プリセプターとしての役割 新人指導を計画的に実施する能力とメンタルケアができる姿勢を養う。 准看護師レベルⅢ
看護師レベルⅢ

※職員一人ひとりのやる気を大切にし、院外研修にも積極的に参加しています。