栄養部

栄養部

栄養部では、入院患者さんの お食事が治療食として適切であること、 安心で安全な食事であることに細心の注意を払い、 美味しい食事の提供を心がけています。

患者さん一人ひとりの病態に応じた栄養管理で一日も早い 社会復帰とQOL(生活の質)の向上をめざしています。 病院給食は治療の一環であり、 栄養管理は治療の基本と考えています。

栄養指導・栄養管理

個人栄養指導

医師の指示のもと、管理栄養士による入院・外来の患者さんを対象とした個人栄養指導を行っています。高血圧・糖尿病・肥満などの食事指導をはじめ、食欲不振や低栄養などの栄養相談も行っています。

集団栄養指導

脂質異常症、糖尿病などの疾患別に集団での栄養教育を行っています。ポスターやリーフレット等を使用して、疾患に対する知識や食事療法の大切さを、毎日の生活に取り入れやすいように指導しています。

家族教室

患者さんのご家族を対象にメタボリックシンドロームなど生活習慣病の予防、嚥下食や介護食の違いやつくり方などの栄養指導をしています。看護部、リハビリテーション部などと連携して開催しています。

栄養評価

患者さんの症状により、食事量が低下した場合や、栄養状態が不良の場合などには、身体計測や血液検査データ等から栄養評価を行っています。そして、患者さんに適切な栄養補給法を検討しています。

栄養部 教育プログラム

一人ひとりの目標にあわせた 年間の研修計画を立てています。

栄養勉強会での取り組み

毎月1〜2回行う勉強会では、食中毒の予防や病態についてなど、栄養学的見地からさまざまな講義を行っています。さらに、魚のおろし方、天ぷらの揚げ方をはじめ、巻き寿司や松花堂弁当など多岐にわたって調理技術の指導も行い、一人ひとりのレベルアップを図っています。

NST(栄養サポートチーム)

多職種が協力し合って、低栄養状態の 患者さんの栄養状態を改善しています。

当院では、チーム医療の一環として平成18年4月より「栄養サポートチーム」が活動しています。これはNutrition Support Teamの頭文字をとって「NST」と呼ばれており、専門スタッフが連携してそれぞれの知識や技術を持ち合い、最良の方法で栄養支援をするチームのことです。現在NST稼動施設認定は、日本静脈経腸栄養学会と日本病態栄養学会において実施されています。当院は、平成19年2月に日本静脈経腸栄養学会において、NST稼動施設として認定を受けました。また、同年9月、双方の学会認定の価値を認める第三者機関「日本栄養療法推進協議会」からも認定されています。

構成メンバー

医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・事務職員