リハビリテーション部

リハビリテーション部

心や体の機能が回復するとともに、 日常の生活や社会参加が広がることを大切にしています。

リハビリテーションは身体の機能回復にとどまらず、 「人間らしく生きる権利の回復」や 「自分らしく生きること」が重要だと考えています。 ここでは作業療法士、理学療法士、言語聴覚士が従事。 入院や通院される方、ご自宅で療養される方 それぞれにリハビリテーションを行っています。

作業療法

指を動かす、食事をする、入浴をするなど日常生活を送る上で必要な機能回復をサポートするのが作業療法です。患者さんが元気な生活を送れるようにリハビリテーションを支援することで、心身のバランスを取り戻し、人との関わりを通して新しい生きがいや楽しみを見つけて生活を再構築することをめざしています。

  • 急性期作業療法
  • 回復期作業療法
  • 療養期作業療法
  • 認知症作業療法
  • 思春期作業療法

言語聴覚療法

病気や事故の後遺症、発達延滞によってコミュニケーションに何らかの問題を抱えた方に対して、自分らしい生活を構築できるように支援を行います。発声のための筋力トレーニング、言葉を引きだすための訓練などを行い、思いを伝えて生きるよろこびを持てるようにします。また、摂食・嚥下(お食事)の問題にも対応します。

QOL向上

理学療法

座る、立つなどの基本動作ができるように身体の基本的な機能回復をサポートするのが理学療法です。基本的動作能力の回復を図るために治療体操・運動のほか、電気刺激、マッサージ、温熱などの物理的手段を用います。QOL(生活の質)やADL(日常生活活動)の維持・向上による寝たきり防止、家庭復帰を目的としています。

  • 物理療法
  • 運動療法

心身機能の維持・回復

日常生活の自立支援 住宅改修の助言福祉用具の選択や利用方法の指導・助言 ご家族等への介助・介護方法の指導・助言