後期研修医ブログ

北国の冬

すっかり冬になってしまいましたね。患者さんの中には、冬は抑うつ気分が強くなると仰 る方がいますが、私も楽しい夏が終わり、どんどん日没が早くなり、寒さで身が縮まり、 さらに積雪で通勤に時間がかかるようになり、気が滅入っております。

でも、そんな北国の冬も、たまには良いところがあります。私は吹雪の後の晴天の美しさ が大好きです、長年住んでいても、毎年感動します。真っ白の平地と、その向こうにある 白い山と青い空。とてもすがすがしさを感じることができ、旭川の冬も悪くないなーって 思います。

昔住んでいた、利尻島の景色には負けますけどねー。激しい吹雪が終わり、その翌日に姿 を現す晴天の中の真っ白の利尻富士は、美しいという言葉では足りません。神々しさで圧 倒されます。

なんて思っていたのですが、旭川でも、神秘的な空気を感じてしまう、すごい素敵な場所 を最近見つけました。旭川駅の北側には、さんろく街という繁華街がありますが、南側は 忠別川という川があり、そこに最近、氷点橋という新しい橋がかかりました。ここが実に 素敵なんです。

さんろく街で飲んで、繁華街、駅の賑わいを過ぎて、氷点橋を歩くと、急に静けさに包ま れると共に、視界が開け、川とその向こうにある上川神社の森が一望できます。そして神 社の森からきれいな空気が流れてくるような気配を感じるのです。さんろく街で飲んで、 酔っ払っているから、そう感じるのかな!? 夏でも十分に素敵な場所なんですが、雪化粧を して、月明かりに照らされていると、とても神々しくて素敵です。

旭川には、「旭橋を語る会」という会があるそうです。実はこの会のことを知った時は、橋 を語るための会があるなんて、ってびっくりしたのですが。そんな自分も、橋の素敵さを 語りたくなってしまいました。いやー、やっぱり素敵なんですよー。 もし観光で旭川にいらっしゃる方が居ましたら、一度ご覧になってみませんか?