後期研修医ブログ

旭川の春

このブログを読んで下さっている方の中には、旭川以外にお住まいの方もいらっしゃるでしょうか。そんな方に、旭川の暮らしを、ちょっと紹介させていただきます。

5月に入り桜が一気に咲き、旭川にもようやく春が訪れました。旭川の春は、とっても素敵な季節です。木々の色合いが本州と違うんです。緑色のさわやかさが違うんです。
よく分かりませんが、生えている木が違うのでしょうね。(そりゃそうか)
あとは、北海道ならではの広々とした見晴らしの良さとか、からっとした空気感とかもあって、より一層素敵に見えるのでしょうか。

圭泉会病院は、旭川の郊外にあるため、その素敵さを存分に感じることができます。職員食堂で、昼ごはんを食べるときは、周囲の田園風景と、その向こうの残雪を頂く大雪連峰が見えて、結構私のお気に入りの時間です。通勤も、のんびりラジオを聴きながら、田舎道をドライブ。たった20分ほどですが、楽しい時間です。

 

そんな旭川の春、人それぞれ色々楽しみがあるでしょうけれど、お勧めしたいのは自転車です。旭川は、自転車専用レーンはほとんど整備されていませんが、道路は広々していますし、素晴らしいサイクリングロードが、たくさんある街です。なんせ川の街ですし、比較的人口密度が少ないですから、河川敷のサイクリングロードは、ガラガラです。風と景色を堪能しながら、のんびり走るのも気持ちいいですが、競輪選手のように力いっぱいゲキチャリして、最高速度アタックしても、誰にも迷惑はかけません。ゴールは温泉、なんてコースもあります。1時間ほどサイクリングして、○○○飲んで温泉に入ってみてください。最高です~。

以上、日ごろの運動不足解消に、たまに自転車通勤をしてみたら、しばらくたって筋肉痛が出現。改めて歳を感じる、おっさん研修医でした。今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。